生活習慣病にならない為の治療を行う事が大切です

生活習慣病は現代病とも言われており、その名の通り、生活習慣がもたらす疾病です。悪いと思っておきながら生活を改めることなく、過度の飲酒や喫煙など悪い習慣を続けると発症リスクは確実にアップします。近年では子どもの肥満による生活習慣病の予備軍も増えてきているため、幼少期からのよりよい知識と教育を行う必要があります。生活習慣病は後にがんや脳卒中を始めとする疾病に起因する可能性が大きいとされています。全段階である生活習慣病を予防することこそが、後の治療へとつながるため、治療と予防はセットという考えができます。習慣化されているため難しいと感じますが、将来の健康のために少しずつ今の状態を見直します。生活習慣病は風邪やケガと違い、確かな原因があるわけではないので、思い当たることから取り組みます。

高血圧である場合は治療の1つとして食事療法があり、減塩や野菜や果物の摂取が推奨されています。たくさんの塩分を摂取していた場合は特に味のない食事にストレスを感じることもあるため、鰹節や昆布といったダシの効いた食事がおすすめです。量販店や薬局などで置いてあるベビーフードも量はありませんが、ダシがベースになっているものも多いです。インターネットで手軽に検索できる時代なので、参考にしてみるのもいいです。

すべての生活習慣病に共通して言えるのが、適性体重を維持することです。自分の体重を知らない人や適性体重を認識していない人も多いです。過食も生活習慣病に関係していることから、毎日体重を測定することも効果的です。

運動療法も生活習慣病には有効的です。適性体重を大幅にオーバーしている人は軽いストレッチやウォーキングをしてみることから始めます。慣れてきたらジョギングをして、負荷を多くするなどさまざまな方法があります。運動をすると身体の血流がよくなるため、血圧を下げる効果や減量が期待できます。しかしながら高血圧の場合は医師との相談が必須です。